トップページ > 会長挨拶 > 平成25年度 岐阜県弁護士会会長 栗山 知

会長挨拶平成25年度 岐阜県弁護士会会長 栗山 知

会長写真

岐阜県弁護士会のサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

私は、平成25年度 岐阜県弁護士会会長の
栗山 知です。

岐阜県弁護士会は、岐阜県内に事務所を有する167名(平成25年4月1日現在)の弁護士全員が所属する団体です。

私たち弁護士は、「基本的人権を擁護し、社会正義を実現すること」を使命としています(弁護士法1条1項)。この使命を果たすべく、岐阜県弁護士会には人権擁護委員会を始めとする多くの委員会があり、多重債務や悪徳商法等の消費者問題、公害環境問題、子どもや高齢者・障害者の問題、貧困問題、刑事弁護の問題など、様々な問題に取り組んでいます。

また、市民のみなさまの具体的な問題について、法律の専門家として適切なアドバイスをし、解決策に導けるよう、弁護士会に法律相談センターを設けています。法律問題でお悩みの方は、是非、岐阜県弁護士会の法律相談をご利用ください。

さて、今年7月12日、岐阜市で民事介入暴力対策岐阜全国大会が開催されます。これは、日弁連(日本弁護士連合会)や岐阜県弁護士会などが主催する民事介入暴力対策の全国レベルの大会です。私たち岐阜県弁護士会は、地元の主催会として、民事介入暴力対策委員会のメンバーを中心に、約1年前から準備をしております。暴力団排除条例が平成23年度から施行され、市民の方々の協力を得て、実績が上がる反面、運用上の問題点も指摘され始めており、検証が必要な段階にあると言われています。民事介入暴力対策岐阜全国大会では、主に不動産問題を取り上げ、上記の問題点の検証やその解決方法について議論する予定です。この全国大会の成功に向けて、当会一丸となってがんばっておりますので、どうぞご期待ください。

私たち岐阜県弁護士会の弁護士は、市民のみなさまや中小企業の方、いろいろな悩みを抱えた方々の、信頼できる身近なパートナー・相談相手となるよう、努力していく決意です。

どうぞ、今後も、岐阜県弁護士会の活動に、一層のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願いします。

岐阜県弁護士会会長 栗山 知
ページトップへ戻る
Copyright(C) 岐阜県弁護士会 All Rights Reserved.