トップページ > 法律相談Q&A >子どもの悩み事に関するご相談

法律相談Q&A

子どもの悩み事に関するご相談

子供が学校でいじめに遭った場合どうしたら良いか。

質 問
 私には小学校5年生の息子がいます。同級生の子のお母さんから,クラスで私の息子がいじめられているという話を聞きました。親として黙っていられないのですが,どのように対応したら良いでしょうか?
 回 答
 心配されるお気持ちは分かりますが,感情的にならないことが重要です。
 息子さんはどのような様子でしょうか。「誰にやられたの?何て言われたの?」等と問い詰めるのではなく,まずは息子さんの話をじっくりと聴き,気持ちに寄り添ってあげることが大切です。
 事実関係を聴き取ることができたら,担任教師や校長先生に相談し,事実関係の確認や具体的な対応を求めましょう。公立学校の場合には,教育委員会に相談することも有効な手段の1つです。
 学校等との交渉を弁護士に依頼することも可能ですので,一度ご相談下さい。
 対応する法律相談 一般法律相談子どもの悩み事相談

子供が不登校になった場合どうしたら良いか。

質 問
 小学校3年生の娘が,登校時間になると体調不良を訴えて登校しようとしません。そのような状態が2週間も続いています。このままずっと不登校が続くのではないかと本当に心配です。私の育て方が間違っていたのでしょうか。
 回 答
 娘さんが学校へ行きたがらないのに無理やり学校へ行かせると,娘さんの心を傷つけてしまう可能性があります。ケースバイケースですが,現在,学校に行きたがらないからといって,ずっと不登校が続くとは限りません。
 娘さんが学校へ行きたがらない原因はどこにあるのでしょうか。
 学校でのいじめなどが原因であれば,学校と交渉して,具体的な対策をとってもらう必要があります。原因がはっきりしない場合も多いですので,焦らず,娘さんの話を聴くことから始めてみましょう。担任教師やお友達に学校での様子を尋ねるのも1つの方法です。
 お子さんが不登校になっている場合,お子さんだけでなく,親御さんも精神的に疲れてしまうことがあります。1人で抱えこまずに一度ご相談下さい。
 対応する法律相談 一般法律相談子どもの悩み事相談

子供が学校で体罰を受けた場合どうしたら良いか。

質 問
 高校2年生の息子は野球部に所属しています。息子に話を聞くと,顧問の先生の指導はかなり厳しく,部員の1人がミスをするたびに,全員が並ばされて順番に頭を叩かれるそうです。このような指導は体罰に当らないのでしょうか。
 回 答
 学校教育法上,校長及び教員は,教育上必要があると認めるときには,生徒に懲戒を加えることが出来ます。ただし,その場合でも,教員が生徒に体罰を加えることは許されません。
 教員等が生徒に対して行った懲戒行為が体罰にあたるかどうかは,当該生徒の年齢,健康,心身の発達状況,当該行為が行われた場所及び時間的環境,懲戒の態様等の諸条件を総合的に考え,個々の事案ごとに判断されることになります。これにより,懲戒行為の内容が身体に対する侵害を内容とするもの(殴る,蹴る等),生徒に肉体的苦痛を与えるようなもの(正座・直立等特定の姿勢を長期間にわたって保持させる等)に当ると判断された場合には,体罰に該当します。
 事実関係をきちんと調査する必要がありますが,ご相談のケースも体罰に該当する可能性があります。
 その場合には,学校に指導方法の改善を求めるなどの対策をとることが考えられます。
 対応する法律相談 一般法律相談子どもの悩み事相談

子供の非行にどう対応したら良いか。

質 問
 高校1年生の息子は、中学生の頃までは素行に問題はなく、学校にもきちんと通っていました。しかし、高校に入学した頃から素行の悪い友人と付き合うようになり、最近では深夜に友人と出かけたり、酒を飲んだり煙草を吸ったりもしているようです。このような場合、親としてどのように対応したら良いのでしょうか。
 回 答
 子供の非行は、程度の軽いうちに対処することが重要です。最初は小さな非行でも、それを積み重ねるうちに悪いことをしているという意識が薄れ、最後には重大な事件を引き起こしてしまうということが少なくありません。
 今回のケースでは、進学をきっかけとして素行の悪い友人と付き合うようになったことにより息子さんが非行に走っているようですので、息子さんや学校と相談の上、友人関係を見直すことが解決への近道であると考えられます。しかし、頭ごなしに友人との関係を否定すると、そのことに対する反発からかえって友人との繋がりを深めてしまい、非行が深刻化するケースもありますので、注意が必要です。まずは、現在の状況について息子さん自身がどのように考えているのか、友人とこれからどのように付き合っていくつもりなのかなど、息子さんの言葉に十分耳を傾ける必要があると考えられます。
 もし、息子さんとどのような話をして良いのか分からないなど、ご自身だけでは解決できない問題があれば、子どもの問題に精通した弁護士が担当する法律相談もございますので、お気軽にご相談下さい。
 対応する法律相談 一般法律相談子どもの悩み事相談

子供が少年事件で逮捕された場合どうしたら良いか。

質 問
 中学3年生の息子がコンビニエンスストアで万引きをしたとして警察に逮捕されてしまいました。息子は今後どうなってしまうのでしょうか。少年院に入れられてしまうのでしょうか。
 回 答
 少年事件の場合,少年の健全育成を理念とする少年法が適用されますので,警察,検察による捜査が終われば,家庭裁判所に送致されることになります(全件送致と呼ばれます)。家庭裁判所では,審判不開始,不処分,保護観察,児童自立支援施設・児童養護施設送致,少年院送致,試験観察,検察官送致のいずれかの決定がなされます。
 息子さんが少年院送致となるか否かは,万引き行為(非行事実と呼ばれます)の有無,非行事実の内容,非行歴の有無,非行との親和性,少年が更生するのに必要な人的・物的資源(社会資源と呼ばれます)の有無など,様々な事情を考慮して判断されることになります。
 対応する法律相談 一般法律相談子どもの悩み事相談

ページトップへ戻る
Copyright(C) 岐阜県弁護士会 All Rights Reserved.